カラコン事故のほとんどは品質より使い方の問題

カラコン事故のほとんどは品質より使い方の問題

カラコンを使った事故が増えています。

 

事故と言っても何か起こる訳ではなく、カラコンの使用を続けたせいで視力悪化が起こったり、目の病気になってしまう事故です。

 

しかしこれは、カラコンの品質よりもカラコンの使い方が原因で起きた事故が多いといわれています。

 

カラコンは、雑貨屋や通販サイトを利用すれば簡単に購入できるようになりました。
通常のコンタクトレンズと違い、眼科以外の場所からも気軽に購入できるのです。

 

そのため、眼科での指導を受けずに、ファッション感覚で利用する人が増えてきたのです。
そのせいで、事故が増えてしまいました。

 

カラコンは、目に直接入れる物です。
清潔な状態の手で入れなければ雑菌が入り込んでしまいますし、きちんと洗浄しなければ雑菌がどんどん繁殖してしまうでしょう。
期限を守って使わないと、目への負担がどんどん増えてしまいます。

 

正しい使い方をしなければ、目への被害はどんどん増えてしまうのです。

 

また、カラコンを使っている方の半数近くは、眼科での定期検診を行っていません。
そのせいで病気の発覚も遅れ、手遅れになってしまうパターンも珍しくはありません。

 

自分の目を守るためにも、カラコンは正しく使うようにしましょう。

カラコン最安値・送料無料! 当サイトでご紹介のカラコン全種・取扱中!