カラコンは目に悪いのか?

カラコンは目に悪いのか?

 

カラコンによって失明の危険性があるという噂がありますが、これは本当のことなのでしょうか?

 

確かにカラコンはきちんと眼科での処方箋を元に購入するものばかりではないので、視力が悪くない人でも雑貨として購入することができ、性能が悪い物を使っている人も多いようです。

 

 

信頼できるコンタクトメーカーで作られた物は、目の健康をきちんと考えられていますが、そうではない物も多いのです。

 

性能が悪いカラコンを長時間使うことによって目にトラブルが起こることがあると眼科医が警鐘を促していますが、これは酸素透過性が悪いと角膜への酸素が足りなくなり傷が付きやすく治りにくくなるからなのです。 

 

処方箋が必要なコンタクトでもほとんどの物が8時間以内の装着しかできないことになっていて、これは長時間使うことによって角膜に酸素が不足する可能性があるからです。

 

普通のコンタクトでもこのようなルールがあるのですから、酸素透過性が悪いと一日中酸欠という状態が続くということなので目に悪いと言えます。

 

 

このようなことからも、カラコンはそれだけでイメージチェンジが可能でお洒落アイテムとして外せないものですが、正しい使い方と選択をしなくては将来後悔することになりかねないのです。

 

カラコン最安値・送料無料! 当サイトでご紹介のカラコン全種・取扱中!